【小・国語】読書だけでは国語読解は得意にならない

こんにちは。家庭教師の青野智美 です。

「読書をすれば国語が得意になります。」という家庭教師がいたとすれば、その方の指導力を心配したほうが良いでしょう。


もちろん、長い目でみれば、国語力を上げるのに読書は大切なことです。本をたくさん読めば、漢字も言葉も覚えます。文章を早く読む訓練にもなります。ただ、それだけでは国語の読解力が上がるわけではありません。


「読書をすれば国語が得意になります。」は、読書家に国語が得意な子が多いということから言われるようになったのかもしれませんが、読書家でも国語読解が苦手なお子さんは大勢います。国語のテストでは詳述読解をしなくてはなりません。特に、説明文の場合は、一文一文をかみしめながら、文や段落の関係を確認して読み進めていく必要があります。


趣味の読書では、「おおまか読み」をしていて、詳細部分を読み飛ばしていることもあるでしょう。自分の経験や主観で、「主人公の心の動き」を追っていることがあります。読書はそれでよいのですが、読解問題では、本文のなかに根拠を探しながら読み進めていかなくてはなりません。


「読書好きだからだいじょうぶ」は心配です。 小低学年の頃は、本文が短いため、「何となく答えたら〇になった!」ということも多いものです。答えがあっていたとしても、お子さんが根拠を探して答えたのか?をチェックしてあげると良いと思います。