【算数】途中式は必要か?実践的な計算を身につける。

算数テストを受ける時は、途中式までしっかり書かないお子さんも多いでしょう。もちろん、それでだいじょうぶです。もちろん、慣れるまでは途中式は書いたほうがよいですが、試験では要領よく計算しないと、場所も狭いでしょうし、時間もなくなります。計算を間違えやすいお子さんは、初期の段階では丁寧に書き、ある程度できるようになってきたら、実践方式の計算メモの書き方などを身につけましょう。

実践的な計算メモはどうとるべきか? これがわかっていないお子さんはとても多いです。学校では「計算の方法」は習いますが、「速く正確に解く方法」までは教えてくれません。塾でもそこまでは指導しません。

指導でテクニックを伝授することがありますが、「学校の先生がこう書きなさいといったから、守らないと×にされるかもしれない。」と気にするお子さんもいます。そのようなお子さんには無理強いはしません。なかには、「そう書くと狭いスペースで速く計算できるね。これから先生方式で書くよ。」とすぐに身につけてくれるお子さんもいます。

テストでの実戦的な計算方法やメモ入れ、自分なりに便利な方法を身につけると、時間節約にもなり、ケアレスミスも発生しにくくなります