【中学受験】中学受験に向いている子供

「どういう子供が中学受験に向いていますか?」、最近2カ所から質問されました。

 

どのような中学受験をするかにもよりますが、一般的には、精神的に早熟であること、負けん気があること、自分でコツコツ学習することができることと思います。

 

精神的に早熟であるということは、受験が何かということがわかっていて、目標に向かって頑張れる気持ちを持てるということにつながります。負けん気があれば、わからないこと、できないことを悔しいと思い、前向きに頑張っていこうという気持ちを自然に持てるでしょう。その上で、高学年までにコツコツ学習することを身につけておくことができれば、中学受験勉強をスムーズに進めることができる礎になるでしょう。

 

「算数が得意でないと中学受験はむずかしいですか?」と聞かれることも多いです。確かに、受験算数は特殊算など難解な問題も多く、難関中学に合格していく子供は算数が得意なケースが多いことは確かだと思います。しかし、そのような子供ばかりではありません。抜きんでた科目がなくとも、4科目の合計点数で合格する子供もいます。最後まで算数が足をひっぱったけれど、国語はどの学校の過去問もしっかり取れ、記述が得意だったという子供もいます。

 

実際、難関校に通っていたわが子の周りでも、そのようなケースをいくつも聞きました。算数が苦手で足をひっぱっているからといって、中学受験を諦める必要はありません。科目ごとに足切りするような学校はまずないと思いますので、総合点で頑張れればよいのです。